2018年9月6日木曜日

ハンナ・アーベント(東北アーレント研究会)第7回研究会


日時:201895日(水)14:00-17:20
場所:東北大学情報科学研究科 3310教室
(仙台市営地下鉄東西線青葉山駅下車すぐ)
プログラム:
14:00-14:30 談話会
田端健人氏(宮城教育大学)を中心に近況報告会
14:30-15:50 発表1 小山花子氏(盛岡大学)
「「専門家の見解が対立する」事柄としての社会問題について
~技術革新の時代におけるネセシティと貧困~」
16:00-17:20 発表2 村山達也氏(東北大学)
「人生の意味の哲学にはどのような方法が適切なのか」

2018年7月15日日曜日

Presentation in 17th 2018 ICHEP

"The Transformation of a Problem Child in a School: A Case Study of a Community of Inquiry" [Handout PDF]

Let's Grieve: Trauma, Loss & Growth
My friends, Rodger & Anne are Organizing Committee members. It's my honor!

2018年6月16日土曜日

次世代塾 第3回「捜索と救命」

・ 若林消防局・消防司令補 小野寺 修 講師「消防捜索・生死の現場」
・ 石巻赤十字病院・看護師長 渋谷 多佳子 講師「救急救命の最前線」
 【参考動画】YouTube石巻赤十字病院〜東日本大震災 初動の記録〜

2018年6月5日火曜日

東日本大震災 学校関連訴訟 判決文

判決文が裁判所のHPにて判例として公開されています。(2018年6月現在)
・ 大川小学校仙台高等裁判所判決文
・ 大川小学校仙台地方裁判所判決文
・ 野蒜小学校仙台地方裁判所判決文
・ 東保育所仙台地方裁判所判決文

2018年6月5日(火)教職大学院 p4cフローチャート

教職大学院にて先日行ったp4c対話を振り返り、フローチャートを作成。
ビデオ記録を視聴してポストイットにメモ書きした後の、3回目の振り返り。
ライブのp4c→ビデオでのメモ作成→フローチャート作成のプロセスで、対話構造に関する理解が深まる。出発点の対話が素敵だった!これを分析したくないと思うほどに。
他方、対話構造の「見える化」も、たいへん学びと気づきあり!

2018年6月3日日曜日

2018年6月3日(日)旧中浜小 311の会

恒例の花壇整備。
今回は、町役場の生涯学習課の方々も来て、周囲の雑草刈りをしてくださる。
校舎遺構保存に向けて、着実な動きがある。
校庭に山ほど積まれていた土も撤去され、平坦な校庭に戻っていたのも嬉しい。
その後、「おもだか館」にておしゃべり会。「おもだか館」は、緊急時には避難所にもなる立派な施設。開館してまだ1年も経っていない。周囲には公営の復興住宅が立ち並ぶ。山元町役場もまだプレハブだが、新庁舎の鉄骨2階が組み上がっていた。
次回は、11月第1日曜日、午後2時より。


2018年5月19日土曜日

次世代塾 第2回 「犠牲の現場」

2018年5月19日(土)8:45am-5:20pm、講話・現地視察・グループディスカッション
↓ 葬儀会社 西村業務部長による講話「犠牲多数:手厚く弔えない現場に衝撃」
↓ 震災遺構 荒浜小学校 視察
↓ 深沼海水浴場 視察
↓ 宮城野区蒲生 専能寺 訪問、足利住職の講話
↓ 利府町 グランディ21(3・11でおよそ400体の遺体安置所となった施設)視察
↓ 東松島市矢本 大塩仮葬地(現・矢本リサイクルセンター)視察
↓ 東松島市震災復興伝承館 視察(東松島市副市長、防災課長の講話)
↓ 東北福祉大東口キャンパスにてグループディスカッション
荒浜小屋上にて

グランディ21にて仮埋葬について質疑

仮埋葬(土葬)の現場にて